HOME > 自然素材

沓名ホームの家づくり理念

住む人のことを一番に考えた理想の家づくり

沓名ホームが自然素材を使うわけ。
それは、無垢材の木のパワー ・適材適所・木の香りを大切にしたいから。

自然素材を使うわけ

自然素材・無垢材の木のパワー

近年、木材をふんだんに使用した家がブームになっていますが、それにはいくつかの理由があります。木には調湿作用があり、湿度の高い時は湿気を吸い、湿度の低い時は湿気を出し、木が部屋の湿度を調整してくれます。高温多湿の日本では木造住宅は適しているのです。また、鉄やコンクリートの人工素材は年月とともに強度が低下しますが、木は伐採後200年まで逆に強度が増していく性質があります。このような理由から、自然素材・無垢材を中心に、本物の家を建てることにこだわっています。木は同じ種類であっても一本一本違います。その力を「適材適所」で最大限に生かし木と対話しながら、丹念に手刻みした家づくりをしております。
 

「適材適所」の語源は?

四字熟語「適材適所」、この言葉は伝統的な日本家屋や寺社などの建築現場での木材の使い分けが言葉の語源です。木には色々な樹種があり、豊富な森林に囲まれた日本では、1500種あると言われており、そのうち木材としては100種あります。杉・ヒノキなどの針葉樹は柔らかく、暖かいのが特徴で建物の構造材などに使用されております。一方、ケヤキ・ナラ・クスなどの広葉樹は比較的材質が硬いので、フローリングや家具などの造作の材料として使用します。このように木材も色々な性質があり、それを活かした使い方をしたことから生まれた言葉です。
 

木の香り

新築住宅の木の香りは心地よく、リラックスしますがこれは科学的にも証明されているのです。木が匂うのは精油成分によるもので、樹種によって香りは異なります。例えば杉やヒノキの香りは、人のイライラを抑え、リラックス状態に保ち心を落ち着かせる効果があると言われております。さらにその成分は、抗菌作用やシロアリ・ダニなどの防虫作用もあります。 

上に戻る